2020/12/25 引退☆

19期バイオリンで幹事長だったとみながです。

楽器の方は2月の春合宿以降全然触っていないので実質昨年で引退していたようなものですが、本日定期演奏会が終わって、役職の方も引退になります。やったね!!!みんなお疲れ様!!!

これが私にとっても、19期にとっても最後の活動日誌となるようです。なにを書いたもんかね。やっぱり1年間の振り返りが定番でしょうか。長くなりそうなので興味のない方は是非1番最後だけ読んでいってください。

例年の最終日は指揮者の方が書いたり書かなかったりしていたような気がしますが、私に割り当てられたということは、つまり、そういう年だったのでしょう。

基本的にはサークルの運営なんて、細々とした仕事はまぁまぁあったとしても、大したことはしないと思うんです。例年通りの1年間のスケジュールに従って頑張るだけ。でも今年は皆さまご存知のように、”例年通り”には出来ませんでした。演奏会をやるのかやらないのか、という、サークル活動として非常に大きな枠組みから考える必要がありました。

夏休みまでは学校側から活動禁止を言い渡され、練習も夏定も出来ないのは残念だな…と思いつつ、ある意味では楽をさせてもらいました。そのあと、役職持ち数人で選択肢を考え、団員にそれぞれどう思うか投票してもらい、活動方針を決める、というところが1番大変だったかなぁと思います。この先コロナがどうなるかなんて誰もわからない上に、そのコロナに対する捉え方だってひとりひとり違いますし。当然個人の気持ちが優先されるべきでサークルからの押し付けなんて出来ませんから、それ故にとても不安定ではあり、困ったところでしたね。

頑張って冬定をやる!ということにはなったものの、クラ弦内の投票率は20代の選挙投票率よりは高いかな高いよねたぶんねって感じなので、運営としては本当に望まれているのか不安にもなります。実は無駄なことやってるんじゃないだろうか、やめてもいいかなってね。こんな状態でも自分は選ばれた!と堂々とできる政治家はすごいなぁなどと尊敬を覚えました。みんな選挙は行った方がいいよ。

話が逸れました。そんなこんなでふらふらと進んだ運営でしたが、本日なんとか無事に一区切りついたと言えるのではないでしょうか。当日のスケジュールなんて特に、はい時間でーす!と言わんばかりの、笑っちゃうくらいの強行突破でしたけど、とりあえず演奏会が出来ました。各々思うところはあるでしょう。私も申し訳ないと思うことがいっぱいあります。反省点だらけです。でもまぁ開催出来たし。及第点をくれ。

ここで唐突に思い出話をしますね。ひとつ上の幹事長さまのことです。引退される前だったか後だったか、彼が幹事長をやる上での1年間の目標を立てていたのだと、こっそり教えてくれました。”愚痴を言わない”だったそうです。”文句を言わない”だっけ。”人に当たらない”だったかもしれません。細かいことは忘れました。でも大意は合ってると思います。

本当に素晴らしい幹事長さまから引継ぎを受けたというのに、それを聞いた私の思ったことといえば、へーすごいですね!と、私には無理だわぁ、でした。実際に口に出したかも。その時点で既にぎゃーぎゃー言っていましたし、その後1年間言わないわけがないだろうと、自分のことはよく分かっていましたから。でもその時に、まぁどれだけ煩くてもいいからとりあえず仕事だけはちゃんとやろ、とも思いました。私は私のメンタルに甘いのです。

今年1年色々なことがありました。団員の反応のなさに泣いたり、こりゃとんでもねぇって感じの事態が起こったり。その度にわーわー騒いでは、まぁ仕事だしな、頑張らねばな、と先輩を思い出してやりました。それだけ印象的だったんですね。その割には詳細を覚えてないじゃないかとか言うのはナシですよ。

あ、先輩見てらっしゃいますか?今更ですがこれ内緒でしたか?まぁ時効ですよね、許してください。許してくださると信じています。

当時想定していた形とは異なりますが、こうして呑気に引退☆などという日誌を書いているということは、幹事長として最低限の仕事はやれたのではないでしょうか。目標達成おめでとう!よくできました!!

とはいえ実は1・2年生への引継ぎは満足に終わっているとは言えず…なんだか来年もまだまだコロナに振り回されそうですし、これからもしっかりお手伝いする予定です。一緒に頑張ろうね。

さて、そろそろ締めなくては。ふざけんなよ?と言いたくなった数と同じかそれ以上に、お礼を言わなくてはならないことが、冬定に関わることだけでもたくさん、たくさんありました。

12月の部屋予約が終わった時点での合奏やらん?という思いつきを、本番2ヶ月前を切っていたにも関わらず実行してくださってありがとうございます。1年生を優先したい、引継ぎをメインにして欲しいというワガママも叶えてもらいました。ギリギリのスケジュールで1曲仕上げてくれたメンバーの皆さん、2・3年生で乗り番を譲ってくれた方、結局今年は1度も指揮やトップをやる機会のなかった3年演奏職の皆さん、ごめんなさい。ありがとうございました。

活動には全く参加していないのに、お仕事だけしてくれた、当日しに来てくれた方たちも、本当に人手不足だったので助かりました。パンフレットは、なんであんなに修正入れてもらったのに、誤字はあるし指揮者の名前は載っていないんでしょうね。校閲者がぽんこつだからです。ごめんなさい。ありがとうございます。

ステイホーム!サイレントナイト!など色々と言われている状況の中でも見に来てくださった皆さまにも感謝申し上げます。観客なしにする案もありましたが、わざわざ足を運んでくださる方がいらっしゃったことで、ご招待できて良かったなぁと思えました。忙しくてあまりお話は出来ませんでしたが、先輩方にお会いできたことも嬉しかったです。

それから、コロナ禍の1年間、会長さんにも色々とご相談させていただいて、たくさんお世話になりました。会長がいることを知らない団員もいますね?クラ弦が公認サークルとして大学に認めてもらうために欠かせない存在ですよ。ご自身もお忙しいでしょうに、いつでも迅速に返信をくださる素晴らしいお方です。サインを頂かなくてはならない書類も、会長さんはすぐ対応してくださるからギリギリでも何とかなる、と、精神的にも甘えてしまいました(ちゃんと余裕を持ってお願いできたと思います)。ありがとうございました。クラ弦はとても恵まれています。

床暖でぬくぬくして全日本フィギュア(録画)を見ながら書いていたらこんな時間です。みかんを食べてたら最高だった。

ちなみに私が個人的に今年1番やって良かったなぁと思ったのは、この活動日誌を再開したことだったりします。元より端から端まで文字を読む性格なので、普段全く連絡を取らない団員や交流の少ない新入生が綴ったものを見て、ふふふってなれるところが好きです。

いやまぁ私は再開しよ!って言っただけで、シフトを組んで更新担当者に催促して…と運営してくれたのは副幹事長なのですが。彼女には演奏会の係分けやら資料作りやら当日来れない担当係長の代理やら、挙げたらキリがないほどたくさんの仕事をお願いしてしまいました。一体お前は何をしていたんだって感じですね。本当にありがとう。足を向けては寝られません。

同じような理由で今日もらえた団員名簿と月報もとても嬉しいです。これから舐めるように読んでにやにやしようと思います。忙しい中書いてくれたみんなも、まとめてくれた2年生の係の子たちも、ありがとうございます。

同期からお花もらっちゃったし、先輩方からいただいた差し入れの余りは私がもらってきちゃったし、やれやれ無事に終わって良かったぜ〜とるんるんだったのですが。なんとホールからお借りした検温器諸々を間違えて学生会館まで運搬していました。いやぁ最後の最後まで締まらないとこが残念でもあり、らしくもあり。大変申し訳ございません。これまたその場にいた副幹事長が送ってくれました。ははっ。ごめんね、ありがとう。

中身のないことをぐだぐだと書いてしまった気がしますね。これは長いぞ。まぁいっか!まぁいっかついでに、日付は変わったけれど強行突破します。私が寝るまでは今日です。

ご唱和ください。せーの、

メリークリスマス!!

サンタさん今年もありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事